違った角度での会計ソフト選択及び保守契約

 

 

企業規模や会計処理センター・会計事務所等で選択のソフトが違ってきます。

 

 中規模以上の企業の場合

 勘定奉行・PCA会計・財務応援スーパーがよく売れるソフトです。本支店合併・部門別管理・部門別予算管理等ほぼ大手企業でもほとんどカスタマイズが必要のないくらい、資料が揃うこと等があげられます。

 

 勘定奉行・PCA会計は全ての帳票がテキスト化できるため、企業独自の管理資料を自社でエクセル等で加工できる事、販売仕入在庫・給与計算等も全て中堅企業向けにできている点で、この2社が採用されるケースが多くあります。ソフトができる社員をかかえている場合、自社内の創意工夫が最大限に活用できます。                                       

 

財務応援スーパーは中小から大手まで使える幅広いソフトで、財務のプロになればなるほど財務応援スーパーを選択されます。入力からチェック機能、修正、削除機能等上手な使い方を理解すれば、入力省力化は他ソフトの2倍以上できます。テキスト化できるデータの不足分、データー連動できる中規模以上向けの販売仕入管理ソフトがない点が今後の課題であろう。

 

小規模企業・個人向・SOHO企業向けの場合

弥生会計独自で始めて財務を導入される方には非常に使いやすいソフトです。       業務イメージがソフト化されており、難解な経理業務をコンピュータ化するのには優れもののソフトです。ベストセラーソフトとして評価されています。                           

 

財務応援ライトは財務応援スーパーと同じ入力方式が採用されており、使いこなしてくると、相当の業務の効率化がはかれます。多少の経理経験のある方には、隠れたお薦めソフトです。

また上記の2種類のソフトは会計事務所の指導のもとで使うと、価格以上の効果がでてきます。最初の基本設定を上手にするか否かで、後の使い方に差がでてきます。                                                                         

 

会計事務所と顧問契約をされている場合は、会計事務所の薦めるソフトを購入するのが後々便利です。貴社にあった使い方指導をしてくれます。同じ経理ソフトでも業務形態の違いで、補助の設定、科目の設定方法などで使い方が違ってきます。基本的な導入の設定は会計事務所に相談された方が、決算時絶対に楽です。パソコン会計ソフトに幅広い知識をもった会計事務所を選択するのも、業務を楽にする方法です。                              

 弊社は北海道から沖縄までの約3000会計事務所さまと取引させて頂いています。 まだ、会計事務所さまと顧問契約を結んでおられない企業、SOHO、個人の方、今後起業を計画されているかた、会計ソフトを使って上手に指導して頂ける貴社に近い場所の会計事務所さまをご紹介致します。新規独立で予算があまりない方でも大丈夫です。起業家を育てることに志をもっておられる税理士・公認会計士さまもたくさんおられます。

 

企業向けの財務ソフト総論

 企業が採用する市販パソコン財務ソフトは、市場がほぼ決まったといっていでしょう。 この世界早い者勝ちです。一般企業向けとしては弥生、勘定奉行、PCAが、歴史があること、特にWINDOWSが出現したときに、いち早くソフトをだすことができた企業が市場占有率を優位にしています。早く出すことによってユーザーニーズがより幅広く得られることで、ノウハウが蓄積できるからです。またターゲットをPCA、OBCは中堅企業向けに絞ったこと、インテュイットは小企業向けに絞った事で市場の棲み分けができています。

 

 最近、グループ会社全体の経理処理やフランチァイズの経理処理を会計データ処理センターで行われるケースが多くなっています。連結決算をスムーズに行う場合や、フランチャイズの収支を本部で素早把握したい場合等、非常にシステムが豊富になっています。また会計処理センターを設立することで、グループ会社の事務コストを削減と同時に、余剰人員の新規職場創出として設立されています。

 

会計事務所向け財務ソフト

 以前は、会計事務所は財務専用メーカーのオフコンが90%以上の占有率でした。プロ用として高機能の優れたソフトです。しかし価格も市販のソフトに比してかなり高く、最近のこの不景気に設備投資倒れになりかねない問題がおきています。そこにいち早く会計事務所用として登場したのが、モビックのひまわりとエプソンの財務応援スーパーです。この両社とも発売当初は財務オフコンにからみれば不十分でしたが、バージョンアップを重ねる内にほぼ財務オフコンとかわならい機能になっています。逆に顧問先とのデータ交流はむしろ財務オフコンより機能的で優れた部分も多く、時代の流れで財務オフコンは高齢税理士、慎重型税理士のマシンになっていくでしょう。  

 

 現在、会計事務所用市販ソフトとしては財務応援スーパーが1人勝ちの状況になってきています。会計事務所用としてWINDOWS対応が早く発売されたこと、財務オフコンでの長い経験があることが大きな要因です。ひまわりもかなり会計事務所に導入実績もありましたが、非常にイノベーションが早いことで、時流についてこれないのが気の毒です。

 

 過去の販売歴史の教訓で、大手と競合するソフトを中小が出しても、最初は小回りが利いて中小のソフトも一時的に売れます。しかし、DOSからWIN3.1、WINDOWS95、98、ME、WINDOWS2000、XP、インターネット、電子申告など驚異的なスピードでの技術革新が続いており、OSの変わった時、社会制度の変わり目が小企業の悲しさで、技術者、開発費用の点で苦戦し、過去多くのソフト会社が市場から撤退した苦い教訓があります。 

 

 多くのソフト会社さまから、財務市場に参入したいのだがとか、作成したソフトが売れるか評価してくださいとご依頼頂きますが、大手の狙わない市場、大手にないプラスアルファーのシステムがない限り絶対数多く売れません。大手にない独創的なシステム、隙間システムに限り評価させて頂きます。隙間ビジネスはたくさんあります。伸びる要素のあるベンチャービジネスには積極的に協力させて頂きます。

                                                         導入後のコスト 保守契約

メーカーによって、保守、バージョンアップの方法が違います。

1.保守契約に加入している場合でも、バージョンアップ費もかかるメーカー

保守に加入していれば、税率変更、細かい内容変更は一般的に無償対応になっています。機能追加の場合はバージョンアップになり、保守に加入している場合でも有料。保守に加入  者と未加入社では金額が半額ですみます。

 

2.保守加入していれば全て無料のメーカー

保守に加入していれば税率変更から機能追加も全て無料にしているメーカーもあります。保守に未加入だとバージョンアップが保守料金より高い。                    

 

3.保守制度を全く採用されていないメーカー、バージョンアップのみ対応メーカー

保守契約制度がないため、年1回のバージョンアップの場合はあまり気になりませんが、年3回も4回も変更のあるような給与計算の場合、非常に割高になります。税率変更もバージョンアップの対象になります。

上記、1から3番までそれぞれ長所、欠点があります。

 

ネットワーク応版へのバージョンアップ

LAN対応ソフト−お持ちのソフト=差額分(バージョンアップ費用)

 

導入時、ソフトの選択に悩まれる方はスタンドアローン版を購入し、自信がついたときにネットワーク版にバージョンアップするとリスクが少ない。しかし最初からネットワーク版を購入するのと後で差額購入するのでは、トータルコストで最初からネットワーク版を購入する方が安くなります。

 

 

ソフト導入検討のアドバイスを行います。費用はかかりません。

気軽にご相談ください。

(株)日本オフィスネット

和田 純

TEL 03−3982−6851  FAX 03−3982−7624

kwada@ruby.famille.ne.jp