会計事務所と中堅企業のITを使った財務処理
最近、中堅企業と会計事務所のインターネットを使った財務管理システムがこのように変化しています。
1.中堅企業(財務データ入力 LANシステムが必要な企業)

推奨ソフト・推奨機器

企業側
@OBC勘定奉行 or PCA会計(3クライアント以上・2003サーバー)
  中堅企業と会計事務所のリアルタイム外部監査システムとして、
  OBC財務とPCA財務をコスト的にもシステム的にも推奨いたします。
ABフレッツなどのインターネット光通信を導入
Bヤマハのルータ RXT1100(128,000円)

会計事務所側
@Bフレッツなどのインターネット光通信を導入
Aヤマハのルータ RXT1100(128,000円)

会計事務所は顧問先のサーバーに電源が入っていれば、顧問先の入力担当者が仕訳データを入力中でも、会計事務所は時間を気にせずにチェックをすることができます。
中堅企業の財務データは仕訳件数が多いので、会計事務所が一週間に一度任意の時間にチェックをします。会計事務所は顧問先のデータをリアルタイムに訂正・削除・追加できるので、会計事務所が外部監査機能としての役目を果たすこともできます。

企業の本支店間の財務状況も、本社にデータをリアルタイムに集約することで、会計事務所もリアルタイムに顧問先全体の財務状況を把握することができます。

企業の本支店の財務データを本部へリアルタイムに集約
会計事務所は支店で入力されたデータも含めて、本部のサーバーに集約されたデータをチェックしていきます。
財務データだけでなく給与・減価償却・販売仕入管理など、VPNルーターを使用することで事務所のサーバーと同じ感覚で入力できます。これによって顧問先の監査がよりスピーディーにきめ細かくチェックできます。
中堅企業を顧問に多く持つ会計事務所さまは、顧問先との財務管理はこのようなシステムを構築されることを推薦いたします。

会計事務所と顧問先の関係をITを使って強化し、より外部監査を充実させる機能を持たせるシステムとして企業側から求められています。
会計システムだけでなく給与・減価償却・手形管理・販売・仕入など経理全般を会計事務所にリアルタイム監査を依頼して、財務体質の強化を求める傾向があります。

最近は光通信により拠点間の財務ITコストを非常に安く構築できるようになってきました。さらに詳しいことはお問い合わせ相談ください。


株式会社 日本オフィスネット
(代表取締役 和田 純)
E-MAIL:kwada@ruby.famille.ne.jp


「戻る」場合は上部ツールバー左端の「戻る」ボタンをご使用ください。